デリヘル

親友

包み隠さず聞いてあげるのが友達です。
仲において異性かどうかということは必要ではないことでしょう。
共有できる好きなものを話すということや、抱えている不安などをさらすことや、二人が飲む場合も考えられます。
だけど、恋人の関係と婚姻関係では、相手が本命の相手以外の異性との付き合いを了承してくれるばかりではありません。
本当に今どき、”友情”という認識は多種多様なものなのです。
IT化によって気楽に知りあえる「詳しく知らないけれども友達関係」というような関係も出ています。
友達の主旨の範囲というものがはびこって、友達の意味というものなおあやふやな表現になっていることが考えられます。
異性という関係での友人関係はあり得るのかどうか、この話に対して結果というものを見いだすよりかは、両想いの人、結婚相手の相手はどんな風に信じるのかと理解して相手のことを考える心を持ち、各人親友の関係を想像していく思いやりが大切なことなのでしょう。